チャートを見れば値動きが分かる!

チャートを見れば値動きが分かる!

バイナリーオプションのチャート分析は、値動きを把握したり、トレンドを把握したりするに当たり、知っておいたほうがいい要素です。2種類のチャートに分けて紹介します。

●トレンド系チャート

相場が上昇しているのか下降しているのかを示すチャートです。全体の流れを予測するのに便利です。

●オシレーター系チャート

相場の動きを読み取ることができ買われすぎか売られすぎか、を判断するチャートです。

トレンド系チャートとオシレーター系チャートの特徴を紹介します。

●トレンド系チャート

・ローソク足

ローソクのような形をしていることから、ローソク足という名前が付けられています。このローソク足でどれくらい値動きがあったのかなどが分かります。5分間の値動きを表示したものが、5分足。10分間の値動きを表示したものが10分足です。

・単純移動平均線

ある一定期間の過去のレートを平均したグラフです。値動きを平均してグラフで表示しているのでその商品の値動きの傾向などを見ることが出来ます。

・一目均衡表

先行スパン、遅行スパン、基準線、転換線、で構成されている分析指標です。

・ボリンジャーバンド

ドレン度の転換点を読むチャートです。中心に移動平均線を起き、標準偏差αを表示しています。

●オシレーター系チャート

・RSI

買われすぎ、売られすぎを表示しているチャートで、ラインが0から100%の間を動き、70%を上回ると売りのチャンス、30%を下回ると買いのチャンスとなります。

・ストキャスティクス

買われすぎ、売られすぎを表示しているチャートで、RSIと違うところは、先行ライン、遅行ラインで構成され交わる所が相場の転換点になります。

・MACD(マックディー)

オシレーター系のテクニカル指標です。短期と長期の蘭印で構成しているチャートでクロスした時が、バイバイのタイミングと言われています。